写真を撮られる心構え。

写真を撮るから笑って。

写真を撮ってもらう時に…

「笑って!」

と言われても笑えないですよね。

ついつい引きつった笑顔になってしまったり…。

そんな時…

  • どんなことを考えていますか?
  • どんな心情ですか?

恐らく
「笑わなきゃ」「緊張する」
と思っていませんでしょうか。

ホント、笑えなくなりますよね。

それでは逆に自然に笑えてる時ってどんな時か、思い出してみましょう。

家族、友達、仲間と楽しく過ごしている時、ふいに写真撮るよー!と言われても自然と笑顔になっていると思います。

その時の「楽しい思い出」を考えて、笑顔を作るのもひとつの手ですが…

「笑える心構えを作る」

といいと思います。

周りを、人を使って笑う。

カメラマンに「笑って」と言われたら「笑う」ということに注視しがちですが、笑う理由を作った方が笑うことが出来ます。

先ほど上げた楽しい思い出もそうですが例えば…

  • あの犬可愛いな
  • 子供達が楽しそう
  • 今日は天気がよくて気持ちがいいな
  • 綺麗な花だな

などなど、その環境にあるものを利用して、心で呟いてください。

ひとつの笑う理由が出来ると思います。

あとは、私がそうなんですが冗談を言うカメラマンもいます。なんとか笑わせようと頑張ってます^^

そのくだらない冗談(普段は笑わなくても)
笑えるマインド
を作るといいです。

「なんか下らないこと言ってるな」とそれにのっかる、利用して笑うようにするといいと思います。

実際、自分がモデルで撮られる側になった時は、何かにすぐに反応して笑うマインドを作っています。

くれぐれも…
そんなことでは笑わない。
と頑なにしないでください。
あくまでも柔軟に。

いい写真を撮る為に必要なことはしましょう。

それが自分の為です。

俳優やモデルでなくても、写真を撮る時なかなか笑顔が出来ないなと思われている方、ぜひ参考にしてみてください。

俳優を目指してる人へ

過去に一人だけいたんですが、なかなか笑えない理由を…

「自分は俳優だからしょうがない」

と言われた方がいました。
(モデルを目指してる方にはいないと思いますが)

あまりそのような方はいないと思いますが、CMの仕事、映像の仕事が欲しければ笑顔の写真は必要です。

お客さんだったので、私も笑顔で対応しましたが本音は…

そのような方は舞台だけやっていてください。

と思います。

舞台だけでなく、映像の仕事もやっていこうと思っていたら、プロとして笑えるようにしましょう。

俳優として「モデルの役」が来るかもしれません。

それに笑顔が出来ることで、写真のレパートリー、役のレパートリーも増えて行きます。

写真が撮れたら次は。

書類選考が通れば、次はオーディションとなります。

書類選考だけで決まる案件もありますので、写真はとても大事ですよね。

私自身、芸歴もう20年以上になります。

沢山のオーディションを受け、そこで培ったものを活かして沢山のCM撮影に合格してきました。

その培ったものをnoteに記載します。

このnoteにはその培ったものだけでなく、制作側、監督から頂いたお話も記載しています。
(有料)

一つでも仕事を勝ち取りましょう。